学生ローン研究所
MENU
学生ローン研究室TOP
学生ローンの枠基準
学生ローンの枠基準2
サービスの研究
実録!延滞実験
学生ローンの従業員に一言

  実録!延滞実験!


     どれくらい遅れると督促の対象となるか 


実録!延滞実験!・・といっても、わざと支払いを帯納させるわけではありません。
学生ローンを利用したことがあるという学生さん200人にアンケート調査をし、その中から実際に支払いが延滞したことのある学生さんたちに協力してもらい、延滞日数と督促の内容を調査致しました。

調査の結果、督促の種類として概ね3種類あることと、遅延日数等によって段階があることがわかりました。

レベル1.通常の督促状が送られるケース
レベル2.電話による督促
レベル3.通常債権でなくなり、回収対象となるケース

レベル1・・通常の督促状
延滞日数10日〜1ヶ月
通常の督促状とは、一定の延滞日数に達すると事務的に送達されるものです。意味合いとしては、単に支払いが遅れていることを知らせる目的で、ただちに全額返済せよというものではないようです。
学生ローンといえども顧客数は数千〜数万と言われています。
ですので、延滞日数の短い顧客まで個別に対応することは難しく、コンピューターで一元管理し、一定の延滞日数に該当する顧客を抽出して、事務的に処理するしかないのでしょう。
しかし、延滞日数が30日を超えるとそうもいかないようです。
その場合、レベル2へと移行します。

レベル2・・電話による督促
延滞日数30日〜90日
この段階になると個別に管理され、ゆくゆくは管理債券となり裁判の対象となってしまいます。
ただ、この時点では「ブラックリスト」などのペナルティはありません。
溜まっている利息以上を入金すれば、通常の債権扱いに戻れる可能性もあります。

レベル3・・債権管理部による回収対象
延滞日数90日以上
この段階になると、担当者がつき、完全に個別で管理されます。
全額返済を要求されますが、なかなか連絡が取れない場合などは、法的手続きも行使されます。
また、信用情報にもキズがつきます。
いわゆる「ブラックリスト」と言われるものですが、これが信用情報に登録されると、他でローンは組めなくなります。
信用情報についての詳細は、下記ホームページをご参照下さい。
学生ローンprivacy
学生ローン・キャッシング情報局

●裁判になるとどうなるのか?
裁判所から支払い命令が下され、債権者には強制執行の権限が与えられます。強制執行とは、動産・不動産・給与等の差し押さえです。
もし、会社勤務していた場合、給与差し押さえですから当然会社の社長にも裁判所から通知が行ってしまいます。

●信用情報上の「ブラックリスト」はどうすれば解消されるか
正式には、ブラックリストというものは存在しませんが、客観的事実に基づく「延滞情報」が信用情報機関に登録されるわけです。
これが世間では「ブラックリスト」と言われているわけですが、一度登録されると永遠に消えないというものではありません。
もちろん、支払いを無視し続ければ半永久的に載ってしまいますが・・では、どうすればこの延滞情報を消すことができるのでしょうか?
答えは、完済してから1年が経過すれば消えます。
まずは、きちんと計画を立て、一日も早い完済を目指すことを考えなければならないでしょう。