学生ローン研究所
MENU
学生ローン研究室TOP
学生ローンの枠基準
学生ローンの枠基準2
サービスの研究
実録!延滞実験
学生ローンの従業員に一言

  学生ローンごとのサービスを研究


  学生ローンではどのようなサービスをしているのか 


昔の学生ローンは顧客の話を良く聞き、親身になって相談を受け、時には用事もないのに遊びに来る顧客さえいたと書いてあります。
しかし、アナログからデシタルへと時代の変化の流れとともに、そういったサービスだけでは顧客を獲得することが難しくなったということでしょうか。
●紹介料と金利引き下げサービス
そこで学生ローンは、様々なサービスを用意するようになりました。
まず一つ目に、友達を紹介した際の特典として、「紹介料」と「金利の引き下げ」があります。
紹介料は学生ローン会社によってかなり差があります。
ある会社は500円〜最大でも1,000円に対し、別の学生ローンでは最大5千円まで出している会社もあります。
これは、学生ローンを選ぶ際のポイントの一つとも言えるでしょう。
金利引き下げについてもかなり差があります。
先の紹介料が500円〜千円の会社は、最大(一番安い利率)で年17%です。
それに対し、紹介料が最大5千円の会社にいたっては、一定の人数の友達を紹介すると利率が0%、つまりタダ!なんていうサービスもあるのです。
多くの友達を紹介する学生さんにとっては、当然後者の会社を紹介するでしょう。

ただ、前者の会社にも良い点はあります。
貸金業法改正に伴い、平成21年末までには、金利を年20%以下にしなくてはいけないという法律が施工されますが、こちらの会社は既存客まで前倒しで金利を18%〜17%に引き下げるというサービスを実施しています。
要は、既存客を大事にするか、新規の顧客を取るか・・という難しい問題なのだろうと推測していますが、いずれにしても学生ローンは莫大な費用をサービスとして投資しているということでしょうか。

●利便性について
学生ローンはなるべく顧客に負担をかけないよう、様々な配慮をしています。例えば、新規申し込みの際に親元やアルバイト先などに連絡をしないのも一つのサービスといえます。
中にはATMを導入している学生ローンもあります。
ATMは朝早くから夜遅くまで稼動しているので、昼間なかなか返済をしたり、追加申し込みができないという学生さんにとっては便利です。振込みローンにしても、銀行だけでなく郵便局を扱っている学生ローンもあります。

●学生ローン独特の返済方式
学生ローンの特徴として、返済方式に「元金自由返済」を採用している点が注目されます。
元金自由返済とは、1ヶ月に一度、最低利息以上を入金すれば、元金の返済については自由に決められるというものです。
これは、アルバイトが不定期にしかできない学生さんにとっては、大変便利なシステムです。
アルバイトができない月は利息だけを入金し、アルバイトがたくさんできた月は、まとまった金額を返済する。と、いった具合です。